矯正歯科orthodontics

矯正歯科って?

矯正歯科は、不正咬合の治療を行う歯科です。不正咬合は歯並びの悪さや噛みあわせの悪さなどの総称であり、開咬や上顎前突、反対咬合といった様々な症状があります。

不正咬合の治療をせずにそのままにしていると、以下のデメリットが起こることがあります。

不正咬合のデメリット

歯に関するデメリット

DEMERIT

  • 虫歯になりやすくなる
  • 歯周病になりやすくなる
  • 口腔清掃不良による口臭
  • 食べ物が噛みにくくなる

日常生活に関わるデメリット

DEMERIT

  • 発音が悪くなる
  • 顔貌にも影響する
  • 肩こりや頭痛に影響することがある
  • 人前で歯を見せて笑えなくなる

矯正歯科で不正咬合の治療を受ければ、これらのデメリットを解消できます。もしも不正咬合であることに気がついたならば、できるだけ早くに矯正歯科を受診することが大切です。とりわけ、お子様が不正咬合の場合には、大人になったときの見た目にも大きく関わってくるため、若いうちに治しておいたほうが無難です。

矯正の種類

不正咬合の矯正の種類には、成人矯正と小児矯正とがあります。
以下では、それぞれの特徴についてご説明します。

成人矯正

成人矯正は、成長期が過ぎて顎の骨格の形が決まってしまった方に対して行われる矯正です。主に、マウスピースを用いた矯正が行われます。ここでは、マウスピース矯正のうち、「DENマウスピース矯正」と「アクアシステム矯正」のふたつを取り上げます。

DEN MOUTHPIECE
DENマウスピース矯正

DENマウスピース矯正は、抜歯矯正のような複雑な不正咬合も矯正できる方法です。1日に8時間~10時間ほどマウスピースを装着する必要がありますが、睡眠時間中も装着することができるため、装着時間を短縮できる点が大きな特徴です。

また、透明なマウスピースなので、睡眠時間以外でも他人に気づかれることが少ない点も大きな特徴といえます。装着しながら虫歯の治療やホワイトニングも行えるため、他の歯科治療と並行しながら不正咬合を矯正できます。

DENマウスピース矯正治療

AQUA SYSTEM
アクアシステム矯正

アクアシステム矯正は、マウスピース型の透明な矯正器具を歯に被せて徐々に不正咬合を矯正していく方法です。矯正がゆっくり行われるので、痛みを感じることも少ない点が大きな特徴です。着脱も簡単なため歯磨きもしやすく、健康な歯を守ることもできます。透明なため、矯正を行っていることがわかりにくいことも大きな利点です。

小児矯正

小児矯正は、顎の骨格の形をコントロールできる成長期の子供に行われる矯正です。年齢の目安として、永久歯に生え変わる12歳くらいまでの子供が該当します。不正咬合の原因には顎の骨が関係することもあるため、顎の骨をコントロールできる成長期までに治療が行われます。
矯正方法は、顎の骨格矯正の後に歯列矯正が行われます。ただし、顎の骨格矯正を行うだけで歯並びがきれいになることもあるため、場合によっては歯列矯正が省かれることもあります。

通常、6歳くらいまでの子供に対して矯正が行われることはほとんどありません。ただし、矯正を始めるタイミングは検診後の医師の判断によって異なりますので、ぜひ一度お問い合わせください。なお、3歳になると顎の形が少しずつ決まってきますので、検診のために一度歯科を受診することが大切です。

Contact

お気軽に どうぞ!TEL 06-6434-1025

お問い合わせ

お問い合わせ

くすのきデンタルクリニック Kusunoki Dental Clinic

〒661-0033
兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目20番19号 LOCUSⅡ1階