インプラント・入れ歯implant / dentures

歯を失った影響

歯を失うと、「食べ物をしっかり噛めなくなる」、「歯並びが悪くなる」、「顔にたるみが出やすくなる」といった影響が出ます。また、抜けた歯の周りにある骨が痩せていき、残っている歯に悪影響を与えることもあります。

そのため、歯を失ったならば、失った部分の歯を補うための治療を受けることが大切です。主な治療には、ブリッジやインプラント、入れ歯があります。

IMPLANT
インプラントとは

インプラントは失った歯の部分の顎骨に人工の歯根を埋め込み、その歯根に人工歯を取りつける治療法です。咀嚼や会話に違和感がなく、審美性にも優れており天然の歯と同様に感じることができる点が大きな特徴です。

DENTURE
入れ歯とは

入れ歯は、歯茎に似たピンク色の床の上に人工の歯がついている形状をしており、それを歯のない部分を補う、取り外し型の人工歯になります。部分的な欠損では、両隣の健康な歯にクラスプという金具を用いて固定します。

それぞれの治療法のメリット、デメリット

上述したインプラント、入れ歯の治療法のメリットとデメリットを以下にご紹介します。

インプラント治療のメリット

MERIT

  • 天然の歯のような感覚で咀嚼でき、違和感が少ない
  • 審美性に優れている
  • 周りの歯を傷つけない
インプラント治療のデメリット

DEMERIT

  • 人工の歯根を顎骨に埋め込む手術が必要となる
  • 骨との結合まで時間がかかるため治療期間がかかる
  • 保険が適応されず費用も高額になりやすい
入れ歯治療のメリット

MERIT

  • 着脱式なので、取り外して洗えるため清潔な状態を保てる
  • 材質にもよるが、保険適応の治療法となり治療費を抑えられる
  • 比較的、治療期間が短期的なものになる
入れ歯治療のデメリット

DEMERIT

  • 人によっては違和感を感じやすい
  • 咀嚼や発音に影響することがある
  • 部分入れ歯の場合、固定する金具が目立つ

入れ歯の種類、それぞれの特徴

入れ歯には、さまざまな種類があります。以下では、入れ歯の代表的な種類である「ノンクラスプ入れ歯」と「金属床入れ歯」の2つを取り上げます。

RESIN
レジン床入れ歯

健康保険適応で作製が可能となります。プラスチック素材の為、割れたりヒビが入るケースがあります。

NONCLASP
ノンクラスプ入れ歯

ノンクラスプ入れ歯は、両隣の歯に装着する固定用金具のバネがついていない入れ歯です。バネ付きの入れ歯の場合、金具が他人から見えてしまいますが、ノンクラスプ入れ歯ならば入れ歯をしていることがわかりにくくなります。

METAL
金属床入れ歯

金属床入れ歯は、床の部分が金属で作られている入れ歯です。金属の熱を伝えやすい性質から、食べ物の温度も感じやすくなります。健康保険を適用して作るプラスチック製の入れ歯とは異なり、壊れにくいという利点があります。

Contact

お気軽に どうぞ!TEL 06-6434-1025

お問い合わせ

お問い合わせ

くすのきデンタルクリニック Kusunoki Dental Clinic

〒661-0033
兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目20番19号 LOCUSⅡ1階